motiyoのブログ

高知在住 大学にて研究に勤しむ、年間150本以上の映画を観て、年間150冊以上の本を読んで、年間100日くらいバイトして、1日の内の25%も寝てるバカ。

【59冊目】竜馬がゆく(六)

f:id:m00tiy00:20170126174645j:image

どうも、だんだん幕末の志士たちが活躍した薩摩・長州にも行ってみたくなった土佐に住んでいるmotiyoです。今回も前回の続巻です。

 

 


竜馬がゆく(六)

司馬遼太郎

文春文庫

 

 


この巻でのビックイベントはついに来ました「薩長同盟

憎みあっていた薩摩藩長州藩が秘密軍事同盟を結びます。


しかし、この条約も一筋縄ではいきませんでした。

坂本竜馬をなんとなく知る人は、薩長同盟と聞けば坂本竜馬が浮かぶ人が多いと思います。


そうです。坂本竜馬なくしてこの条約は結ばれませんでした。


薩摩の西郷隆盛

長州の桂小五郎


この二人の難物をどうにか引き合わせさせ、手を結ばせる。非常に難しいことでした。


この二人のエピソードや考え方なども本書では小説風にしっかりと記述されてい
ます。


さらに、他にも目立ったことがありました。

それはおりょうの存在です。


おりょうというのは竜馬の妻です。

おりょうも壮絶な人生を歩み、竜馬と共に生きることを決めてからもさらに大変な渦の中で生きていきます。


因みに有名な話かもしれませんが、日本で最初の新婚旅行をしたのは坂本竜馬といわれています。


筆者の司馬遼太郎は竜馬とおりょうが訪れた地に実際に足を運び、その地で竜馬が感じたものを見に行っています。

それだけに、文字から伝わってくる熱量も全然違います。

そんな熱量も感じながらこの本を読んでみてください。