読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

motiyoのブログ

高知在住 大学にて研究に勤しむ、年間150本以上の映画を観て、年間150冊以上の本を読んで、年間100日くらいバイトして、1日の内の25%も寝てるバカ。

【48冊目】ハンバーガーを待つ3分間の値段

f:id:m00tiy00:20161228200150j:image

 

どうも、マクドナルドではグラコロが一番美味しいのではないかと感じるmotiyoです。

今回は、大好評連載で有名だった「ほぼ日刊イトイ新聞」が1冊となったあの本のご紹介です。つっても、全く知りませんでしたが…

 

ハンバーガーを待つ3分間の値段

斎藤由多加

 

 

この本では、連載著者の斎藤さんが世の中をゲームクリエイター目線からみた見識を求めた一冊となっています。

 

この方の目線は秀逸です。

読んでいてすごいなと感じます。

 

この方のゲームで有名な「シーマン」も発売時はcmでよく見かけたかと思います。

今となっては古いゲームですが当時のゲームとしてはすごく奇抜だと感じた記憶があります。

 

そんなゲームを生み出すあたり流石の目の付け所。

単純に他の人の脳みその中身が気になる方にもオススメの1冊になっているのではないでしょうか?

 

ただこの本は少し昔に出版された本になるので今となっては古い考え方や、間違っていると感じる考え方も含まれています。

 

それでも充分、新たな視点から物事を捉える力がつく一冊になると思います。