読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

motiyoのブログ

高知在住 大学にて研究に勤しむ、年間150本以上の映画を観て、年間150冊以上の本を読んで、年間100日くらいバイトして、1日の内の25%も寝てるバカ。

【45冊目】最後の秘境 東京藝術大学 天才たちのカオスな日常

 

f:id:m00tiy00:20161215224244j:plain

 

どうも、芸術にも多少の興味をもつmotiyoです。

今回は日本の芸術系大学の最高峰、あの東京藝術大学について書かれた本を読みましたのでご紹介したいと思います。

 

 

最後の秘境東京藝術大学 天才たちのカオスな日常

二宮敦人

新潮社

 

 

著者の奥さんが現役の藝大生ということで、変わった奥さんがきっかけで藝大生を調査しようと考えたそうです。

 

まぁ、頭のいい大学、東京大学京都大学に変わった人がいることはよく知られている事実だと思います。

 

それでも変わった人の最高峰の大学はここですわ。レベルが違う…

藝術大学を目指している方などは読んでおくと将来の学生生活をリアルに想像できていいかもしれません。私事にはなりますが、変わった人が大好きな私は、こういった大学のことを書かれている本を読むたびに通いたいと思うのです。

 

特に、京都大学の思い入れは強いです。

 

ただ、この大学はレベルが違いすぎて通いたいと思えない…

何でも言いますがレベルが違う…

詳しくは書きません。読んでほしいからです。

 

ただこの大学の学園祭は行きたい。死ぬほど行きたい。そう強く思わせてくれる本でした。